かえるの歌

2021年07月15日 22:00
カテゴリ:その他

スマートフォンを辞めて一年半経過した。情報はどうしているか疑問を持つだろうか。或いはホームページの製作やblogはどうしているのかと。僕は必要な時だけノート型PCを使っている。その結果、小説など紙の本を読む時間や、ラジオや音楽に耳を傾けたり、庭木を手入れしたり、猫達と寝転んだり。自転車に乗って田畑を眺めたりする時間も増えた。だから今、目の前にある『もの、こと、いのち』達に敏感になる。知識や技術、情報、こだわりや主張ではなく、もっとプリミティブ(原始的)で直感的なことに心が同調していく。紙の本のページをめくる指先の感覚、紙の匂い。ラジオやカセットテープから不意に聴こえる雑音。夕方の田畑から聞こえるカエルの歌。山の稜線に沈む夕陽。坂道を下る自転車に感じる風。眩しい緑の新芽たち。すずめの砂浴び。猫に顔をうずめたお日様のような優しい匂い。炊きたての温かいごはん。おはよう、ありがとう、計算じゃないあたたかい言葉。そういうもの、こと、いのちが好きだ。
写真は失敗した絞り染め。でも味わいのある風合いになった。片意地張らずに染めものはもっと楽しく。ほどよく染まらなくてもいい。綺麗に染まらなくても、失敗や意外性も喜びに変わる。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)