あおぞら

2021年08月11日 22:00
カテゴリ:その他

昨日はとても暑い1日だった。そして、台風に運ばれた夏らしい雲の踊る美しい空だった。時間を忘れてずっと、ずっと見上げていたい。空を見上げることが幼い頃から好きだ。家族が皆出掛け一人留守番している時は必ず飛行機雲が見えた。今でも飛行機雲を見るとさみしい気持ちになる。それでも、夢中になって見上げていた。幼い頃は、スマートフォンやデジタルカメラなどは無かったから、景色は知らず知らずのうちに記憶にしっかり留めるようにしていた。だから心が動くのだと思う。僕の好きな空は少し緑味がかった薄い空。午後の空だった。森の木々と共に見えた東の空。

白球を夢中になって追いかけたような、汗まみれでゴールテープを目指したような、試合に出られずグランドを眺めていることしか出来なくとも、初めての時のように、新しい気持ちで自分の目の前にある一つひとつの大切なことを積み上げて行きたい。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)